闇金融とサラリーマン金融の違い

闇金融に狙われやすい人の特徴

MENU

闇金は合法的に運営していない金融会社

闇金融とサラリーマン金融の違い

 

闇金は闇に存在する金融会社を省略して呼ばれており、その名前が示す通りブラックな金融会社のことです。まず消費者金融を営業する上では、都道府県知事の許可を必要としますが、その許可自体が存在しません。

 

また出資法や利息制限法、貸金規正法、貸金業法などの貸金を営む業者を規制するための法律を無視して営業している金融会社です。一方、サラリーマン金融は、定職のあるサラリーマンをターゲットにした金融会社で現在の消費者金融の昔の呼び名として使われています。

 

サラリーマン金融はサラ金と省略され、一般的に消費者の借り過ぎなどで社会問題化された時のイメージが残り、悪いイメージがありますが、合法的に運営されていた金融会社も多いです。

 

もちろんサラ金にはお金を貸し付けるという意味においては、闇金をも含まれると解釈することもできます。

 

しかしサラリーマン金融として堂々とCMなどの宣伝を行う上では、正規とした金融会社でなければならないため、闇金は潜りで営んでいる事情からそれを含めないとして解釈されています。

闇金は取り立てが劣悪のケースが多い

闇金が社会問題となった背景には、その一つに債務者に対する取り立てが脅迫まがいで取り立てる点にあります。

 

言葉による威圧をかけたり、訪問による暴力的な取り立てなどがあり、なかにはまくしたてる様な取り立てを行うことで債務者を不安に陥れる様な取り立てを行います。

 

こうした劣悪な取り立ては、合法的に営業しているサラリーマン金融には見られず、それが大きな違いにもなります。合法的に営業しているサラリーマン金融ならば、段階を踏んだ回収方法で行うことが多く、最終的には裁判所に訴え出て法的に回収する流れが一般的です。

 

闇金は威圧的な取り立てを行うことで合法的な取り立てと一切無縁であり、この取り立て方法が違うのが大きな違いです。もちろん闇金は営業自体が合法的に行われていないので、合法的な取り立てが出来るはずはないことは言うまでもありません。

 

現在は闇金と認定されると、そこに債務がある債務者は一切、返済しなくて良いという法律に規定されているため、それによって弁済が免れます。

闇金の背景には暴力団の資金源が存在

闇金は合法的に営業を行っていないのに、なぜ存在するかについては、それは全国に組織を持っている暴力団の貴重な収入源にもなっているためです。現在、暴力団の取り締まりが強化されており、その組織を維持するための凌ぎ自体も狭まっており、それにより潜りの金融会社でお金を貸して収益を上げるという手っ取り早いビジネスに参入するのは明らかになります。

 

取り立てが厳しいと言われる所以は、この暴力団が絡んでいるからで、暴力を背景にした取り立ては得意とする分野だからです。なお闇金は暴力団を構成する人が運営する場合も多く、摘発されると大概は繋がっています。

 

サラリーマン金融の場合であれば、そういった暴力団が絡む事はなく、あくまでも民間の会社が正規に許可を得て、合法的に営業していると見ることができます。

 

もし暴力団が絡んでしまえば、その時点で許可が取り消しされたり、営業が出来なくなるデメリットが存在するため、暴力団を排除して合法的に営業を行う形で運営しています。