闇金融に狙われやすい人の特徴

闇金融に狙われやすい人の特徴

MENU

「闇金の実態を知らない人」が狙われる

闇金融に狙われやすい人の特徴

 

基本的に自分から求めない限り関わり合うこと自体がないのですが、場合によっては闇金業者の方から寄ってくることもあります。たとえば、すでにカードローンなどを利用していて借金を抱え、その上でまた更なる借金をしようとしたときには「借りられない」という状態になります。

 

具体的にどの程度の金額でそうなるのかは人によって異なりますが、そうなってしまうと普通はお手上げです。

 

ところが、選択肢次第ではすでに借りられなくなってしまった状態からでも借金をすることができます。

 

その方法のうち、「法外な契約内容、その他の行為を辞さない悪質な貸金業者」を選択してしまった場合には、闇金の被害に遭遇することになります。表向きは安全そうな印象を出していたとしても、それに騙されて契約してしまうと後戻りできない状態になってしまいます。

 

借金をすること自体は特に悪いことではありませんが、その手段と内容には十分気を付けることが大切です。

すでに借金をしている人

闇金の被害に遭う人の多くは、「すでに限界まで借金をしている人」が圧倒的多数です。中には、初めての借金が闇金ということもあり得ない話ではありませんが、「すでに借金をしていて借りられない状態になって末に行き着く選択肢」が闇金業者なので、すでに借金をしていて返済の負担が大きいと感じている人は、ちょっとしたきっかけで狙われやすい特徴です。

 

自身で申し込みにいった場合はもちろんですが、そうでなくとも債務超過な状態であることを聞きつけた闇金業者が群がってくる可能性があり、非常に狙われやすい状態になります。

 

というのも、一部の債権者は横のネットワークによって名簿を回している可能性があり、そこに氏名や住所のみならずさまざまな特徴なども記載されています。

 

一度も闇金と関わり合いがないにもかかわらずよって来るようになった時には、そういった情報が流出してしまっていることも視野に対応策を講じる必要があります。

狙われやすい特徴を排除すること

闇金業者は、飛び込んできたカモをみすみす逃すようなことはしませんので、まずは「関わり合いを持とうとしないこと」が大前提です。そのためには、申し込みをする以前にどういった業者なのかをしっかりと確認することが必要です。

 

とはいえ、一般的には闇金業者に類する貸金業者を利用した場合に必ず問題が起こるというわけではありません。借金をすることになったとしても、しっかりと完済できさえすれば何の問題も起こらないこともあります。金利などもおおむね適正値の範囲で契約することができ、延滞時などの取り立てが厳しいくらいで後は普通という業者もいます。

 

そういった状況であれば、最終手段としての利用を検討してしまっても良いと判断することも可能です。ただ、利用する以前に申し込みを打診した段階からすでに大きなリスクを負うことになってしまう状況もあり得るので、極力かかわりを持たないことが重要であることに違いはありません。

更新履歴